アドニス:オープンフィールドでの植え付けと手入れ、写真と名前の種類と種類

アドニスの故郷はユーラシアの温暖な地域です。アドニスには45種類あります。枝分かれした茎を持つ多年生および年次植物。アドニスの葉は羽状または指で分割されて狭い葉になります。花は赤、黄、孤独で、芽の端にあります。アドニスの実はリーフレットです。その種子は曲がったまたはまっすぐな鼻でしわが寄っています。アドニス

アドニスの種類と種類

園芸における多年生のアドニスのうち、最も一般的なものは次のとおりです。アドニス

アドニス・ヴォルツスキー

祖国-ヨーロッパ、シベリア、中央アジア。それは森の端の草原で育ちます。

短く、太く、茶黒の根茎を持つ多年生。アドニス・ヴォルツスキーVolga adonisの茎は数が少なく、高さ30 cmで、中央から分岐しており、基部に茶色の鱗のような葉があります。アドニス・ヴォルガの花は淡い黄色です。思春期のライラックを分離します。丸い頭の中の果物。Achenesは細かくしわが寄っていて、毛深いです。アドニス・ヴォルツスキー

アドニスアムール

故郷は極東、日本、中国、朝鮮半島です。それは、開拓地の森、土手の斜面、豊かな腐植土で育ちます。

高いペティオールに羽のような葉を持つ多年生の森林植物。球根状の花のように、それは夏の成長期を終えます。開花時の植物の高さは12cm以下です。アムールアドニスの花は金色で、大きく開いており、直径は5cmです。花は通常、葉よりも早く現れ、夏の終わりまで続きます。アドニスアムール

このとき、植物の高さは30cmになります。地上部は7月に完全に死にます。アドニスアムールの花は温度変化に非常に敏感です:寒い季節にそれらは閉じます。

Amur adonisは、腐植が豊富な土壌、部分的な日陰、そして十分な水分を必要とします。植物を木立に植えるのが最善です。ヨーロッパの条件では種子の発芽をもたらさないため、分裂によってのみ伝播します。アドニスアムール

ウラジヴォストクでは、葉と雪で覆う必要があります。開花は3月に始まります。

アムールアドニスは有毒です。この植物は初期の蜂蜜植物として興味深いものです。

アムールアドニスは文化でよく知られています。日本の品種、さらにはテリーの品種もあります。アドニスアムール

春のアドニス

多年生。春のアドニスは、太い根茎と、15cm成長してから60cmに達するリブ付きの単純な茎が多数あります。茎の下部には茶色の鱗があり、腋窩に再生芽があります。adonis vernalisの葉は手のひらで、葉は狭くなっています。12個の黄色い花びらを持つ一輪の花。果物は細長い容器に取り付けられたナッツです。人々の間では、春のアドニスは黄色い花、古いアヒル、モンテネグリンとも呼ばれます。春のアドニス

春のアドニスは、東ヨーロッパと中央ヨーロッパの森林草原地域で一般的です。北の草原の空き地、丘、森の端で育ちます。春のアドニスは、黒い土、開放的で排水されたエリアが大好きです。春のアドニス

植物の場所では、石灰を含む肥沃な土壌のある場所を選ぶ必要があります。排水と土壌水分を提供することが重要です。アドニスは光を愛する植物です。光が足りないために植物が死ぬ可能性があります。アドニスを育てる上での主な難しさは、それがあまりうまく根付かないことです。春のアドニス

アドニスシベリア

それはロシアとシベリアで育ちます。

羽状に裂けた葉と黄色い花を持つ多年生の60cm。開花は5月に始まります。アドニスシベリアシベリアアドニスの種子は7月に熟します。茶色の花の装飾的な品種があります。アドニスシベリアはオープンエリアでよく発達します。アドニスシベリア

アドニス毛皮

故郷カザフスタン、シベリア。平野の草原、端で育ちます。

アドニスのふわふわの茎は孤独で、咲き始めると密に毛が生え、30cm長くなりまばらに毛が生えてきます。アドニスのふわふわの花は淡い黄色です。果物の頭は卵形または球形で、茎が曲がっています。Achenesは毛深い、しわのある、楕円形です。アドニス

アドニスの場所

多年生のアドニスはすべて冬に強いです;それらは日当たりの良い日陰の場所でうまく成長します。正午の日陰がほとんどない照明エリアでは、良好な開発が達成されます。アドニス

アドニスの土

緑豊かな開花のために、アドニスは石灰と有機物が豊富な土壌を必要とします。

アドニスのアウトドアケア

それはゆっくりと成長し、移植に敏感です。土壌は湿らせて緩く保つ必要があります。アドニスのリニューアルバッドは数年先に敷設されているので、腎臓を傷つけないように注意深く切り落とす必要があります。アドニス

アドニスの複製

茂みと種を分けることによって。霜が降りる前に植物が根付くように、8月に植える必要があります。アドニスの移植は、4年間の栽培前に行う必要はなく、1か所で最大10年間成長することもあります。最良の選択肢は、アドニスを土の塊で移植することです。それはゆっくりと成長します。小さな部分に分割することはお勧めしません。種子は発芽率が低く、翌年に発芽する種子もあるため、種子によるアドニスの再生は困難です。種まきは採取後すぐに行ってください。アドニス

ランドスケープデザインでのアドニスの使用

アドニスはカットには不向きですが、低木の間でのグループ植栽ではとても美しいです。植えるときは、小道の近くに植える必要があり、高山の丘にも効果的です。

アドニスパートナー

マホニア、トゥジャ、イチイ、ボックスウッドによく合います。サクラソウ、アネモネ、アラビス、その他の早咲き植物に効果的です。