菊の切り身

すべての花愛好家が、chrysanthemummultifloraが挿し木によって簡単に繁殖することを知っているわけではありません。

1月から後半から4月中旬頃まで、大きな花のマルチフローラ菊のカットを開始し、2月頃から5月末まで、小さな花の菊をカットします。菊の切り身

植物がまだ咲いているときは、地面から掘り出す必要があります。これは10月末頃です。開花後、菊は茎の高さまでカットする必要があります。冬の保管のために花をセラーに移します。

開花後、マルチフローラは若い基底芽を形成し始めます、それはカットされて植えられるのはこれらの芽です。

この方法では、1人の大輪の個体からのマルチフローラ菊の挿し木を最大15枚の菊の挿し木に植えることができ、小さな花のある植物からは30回以上の刈り取りを植えることができます。chrysanthemummultifloraの切り抜きの長さは9cmを超えてはなりません。菊の切り身

カットは植物ノードのすぐ下で行う必要があります。カットの菊の下3分の1からすべての葉を取り除く必要があります。

すぐに菊の切り抜きを使用しない場合は、水中に置く必要があります。

特別なまたは普遍的な土壌を備えたピートで作られた箱またはカップに、1.5センチメートルの深さまで菊のマルチフローラの切り身を植え、それらのための温室条件を作成します。つまり、ホイルまたはガラスで覆います。菊の切り身

温室では、マルチフローラは一定の湿度を維持する必要があります。Chrysanthemum multifloraは、挿し木を植えてから3週間後に根を下ろします。

菊を発根させた後、大輪のものは直径10〜12cmの鉢に移し、小花のものは5〜7cmの鉢に移します。

菊は、マルチフローラ菊の苗木が成長し、より強く成長した6月前半にオープングラウンドに植えられます。菊の切り身

カット用の菊を栽培する場合は、ポットから取り出す必要があります。マルチフローラの菊を栽培する場合は、冬のセラーに入れることをお勧めします。特に大きな花のある菊の場合は、苗をポットに直接植える必要があります。

夏の間は、菊に特殊な肥料を約3回与え、背の高い芽をペグで強化する必要があります。菊の切り身