ローソンのヒノキ:植え付けと手入れ、写真と説明付きの品種

故郷の北アメリカ、オレゴンとカリフォルニアの山々、沿岸の山々の湿った土壌で育ちます。それは海抜1500メートルまでの山で上昇します。

木は高さ約60mで、狭い円錐形の王冠が下向きに広がり、上部が狭く、片側に傾いています。自立すると枝が地面に落ちる可能性があります(不適切な注意や植え付けがきつすぎると、クラウンが乾き始め、下からむき出しになります)。

樹皮は赤褐色で厚く、丸い板に割れています。ローソンのヒノキ

針の上は緑色で光沢があり、下はぼやけた白い縞模様です。平らな葉は長さ2mm、幅1.5 mm、鈍い。

外側の葉はかなり強く圧縮されており、長くなっています。コーンは卵球形で、直径約8〜10 mm、薄茶色です。

風に強く、日陰に耐性があり、湿気を好む、土壌に気取らない、都市の条件に耐えます。病気や害虫によってわずかに損傷しています。ルートシステムは浅いです。

ローソンヒノキの複製

ローソンのヒノキは種や切り傷によって繁殖します。針葉樹の最も美しい代表の1つですが、耐霜性がないため、使用される範囲は限られています。膨大な数の栽培者を形成します。

ローソンのヒノキ「アルミゴールド」

品種はコンパクトで円錐形で、急速に成長し、10年でその高さは3mに達します。枝はまっすぐになり、若い成長は黄色になり、その後、鱗は灰青色に変わります。土壌や湿気に強い。シングルおよびグループの着陸に使用されます。ローソンのヒノキ「アルミゴールド」

ローソンのヒノキ「アルミイ」

青みがかった鋼の針で細い円柱状。木の高さは約15メートルです。若い植物では、シュートは上向きになり、古い植物では、幹から離れます。

枝はたくさんあり、密集していて平らです。若い針は青く、後で灰青色に変わります。

この種類のヒノキは広く普及しており、庭師の間で需要があります。それは種や切り傷によって容易に繁殖します。シェードトレラント。ヘアカットを行います。

ヘッジやグループ植栽に使用されます。ローソンのヒノキ「アルミイ」

ローソンのヒノキ「Columnaris」

高さ約10mのまっすぐな茎の木で、円柱状の細い冠があります。上向き、薄く、タイトなシュート。急成長中。クラウン径2メートル。

針は常緑、うろこ状、シュートにしっかりと押し付けられ、茶緑色です。

このヒノキは土壌にうるさくなく、乾燥または湿潤の酸性およびわずかにアルカリ性の土壌で成長します。

着陸場所は日当たりが良いか、部分的に日陰になっている必要があります。ヘッジに使用され、別々のコピーで植えることもできます。ローソンのヒノキ「Columnaris」

ローソンのサイプレス「ダーツのブルーリボン」

それは貴重な円柱状の品種であり、成長が速く、10歳でその高さは約3メートルです。湿気や汚れにうるさくなく、耐霜性があります。

庭の構図の色と形の要素として使用されます。ローソンのサイプレス「ダーツのブルーリボン」

ローソンのヒノキ「グロボサ」

矮星の形です。木の高さは1.5m、王冠の直径は約60cm。幹とシュートは上向きで丈夫です。枝は密に枝分かれしていて短い。針はうろこ状で緑色です。

浅い根、土壌の上部の地平線で分岐します。

土壌にうるさくなく、酸性でわずかにアルカリ性で、湿っていて水はけがよい。

日当たりの良いまたは部分的な日陰を好む。小グループでの植栽では見事に見えます。ローソンのヒノキ「グロボサ」

ローソンのヒノキ「イボンヌ」

円錐形の王冠は、10歳までに高さが2.5 mに達します。針は黄金色で鱗状で、冬でも色を保ちます。

肥沃で湿った土壌を好む。ローソンのヒノキ「イボンヌ」

ローソンのヒノキ「ホワイトスポット」

このタイプのヒノキは円錐形で、成長率は平均的です。芽は密集していて、若い成長の終わりはクリーミーで、冬は緑です。

肥沃で湿った土壌と保護された地域を好みます。

コンポジションで、シングルランディングで使用されます。ローソンのヒノキ「ホワイトスポット」