いつ牡丹を剪定するか:ヒントとコツ、写真。

牡丹の世話と栽培における経験の浅い栽培者のよくある間違いは、茎と葉の早期剪定です。

牡丹には2つのタイプがあります。

木のように-これらの植物は多年生ですが、茎(地上)と根(地下)の両方の部分が生命を維持しています。

いつ牡丹を剪定するか

草本-また、地上部分が秋に消滅し、地下が生き続ける多年生植物に属しています。冬の間、根は力を増し、目(つぼみ)はそれらから開きます。

いつ牡丹を剪定するか

交換用の芽の下で、不定の根は毎年発達し、成長するにつれて、太くなり、塊茎を形成します。この種の牡丹の分裂と移植にすでに遭遇した人々は、根のサイズと外観の両方が異なると確信しています。

いつ牡丹を剪定するか

牡丹には3種類の根があります。太くて塊状の茶色の多年生の根で、植物全体の主な栄養素が集中しています。

いつ牡丹を剪定するか

不定のルーツは、リニューアルの芽の下に見ることができます。それらは塊茎よりわずかに薄いです。そして最後に、非常に細く、白い、吸う根の「供給者」-彼らは牡丹の茎と花に栄養素と水を供給します。

いつ牡丹を剪定するか

牡丹が最後の芽を落とした後、花の芽の産卵が始まり、代わりの芽が成長し、栄養素を集めるプロセスが不定の根で行われます。これらのプロセスにより、牡丹の空中部分は来年開発されます。

8月から9月にかけて、吸引根の成長が始まります。置換の芽形成の強度は、葉による栄養素の蓄積された供給に直接依存します。

いつ牡丹を剪定するか

したがって、この期間中、牡丹の空中部分を剪定することは固く禁じられています。同じ理由で、一度に多くの芽を切り落とし、葉を非常に低く切ることはできません。これはすべて必然的に弱体化につながり、それから茂みの死につながります。

いつ牡丹を剪定するか

通常、茎を切るとき、少なくとも2つか3つの下の葉が枝に残されます。晩秋になって初めて、麻や花の茎を残さずに根元で切ることができます。

これは、原則として、最初の「本物の」霜の後に行われます(10月末頃、これも牡丹が栽培されている地域によって異なります)。

いつ牡丹を剪定するか

土壌が非常に乾燥している場合は、冬の前に水をやる必要があります。切り取った葉と茎を取り除きます。牡丹は病気に耐性があり、害虫がいることはほとんどありませんが、それでも葉、芽、茎は灰色のカビの影響を受ける可能性があります。

お住まいの地域の冬が非常に厳しい場合は、牡丹を暖かく覆う必要があります。